wordpress

ドメインとは?

wordpress

を始めるにあたってやらなければいけないこととして

ドメインの取得があります。

ドメインとは、わかりやすく言い換えるとインターネットの「住所」。ホームページを公開する際に欠かせないものですが、 この記事では、ドメインをさらに理解するために丁寧に解説してみたいと思います。

目次

  • ドメインとは?
  • 独自ドメインとサブドメインの違い
  • トップレベルドメインとは?
  • 独自ドメインを取得するメリット

ドメインとは?

ホームページのURLなどに使われるドメインを正確に定義すると「インターネット上に存在するコンピューターやネットワークを識別するための名前」です。簡単に例えるならインターネット上の「住所」のことです。 よく聞く単語ですが、漠然と理解しているだけで実際にどこのことを指しているのか分からないでいました。

では何がドメインのことなのか?

ドメインはどこのことを指しているの?

https:www.hannahhh.com

wwwがホストでhannahhh.comがドメイン名


URLにおけるドメイン名 そもそもドメインとは、自分のホーページ(ブログ)や会社のホームページの住所ともいえるURLの一部になるものです。ドメインがなければホームページを公開することはできません。 ホームページでは、ドメインの前に「www」のような文字列(ホスト名)と、区切りの意味がある「.(ドット)」が追加されて「www.ドメイン名」という形で、私たちがよくみかけるURL(住所)となります。
メールアドレスにおけるドメイン名 また、ドメインは、上記図のようにメールアドレスの「@」以降にも使われます。ドメインによってメールをどこに送ればよいかという配送先を特定するわけです。たとえると、メールアドレスの「@」以降は、ご自宅や会社の住所のようなものです。 一方、「@」の前は、ご家族の一人ひとり、会社の社員一人ひとりの名前という説明ができるでしょう。「@」を含むこれらの文字列か組み合わされてはじめて1つのメールアドレスができあがります。 ドメインの種類 独自ドメイン・サブドメインとは

ホームページを公開しようとしたりメールアドレスを取得しようとしたりする際に、「独自ドメイン」「サブドメイン」といった言葉をよく見かけます。

ドメインとは?を正しく理解するためには、それぞれの意味も理解しておいた方がよいみたいですね。


独自ドメインとサブドメインの違い

「独自ドメイン」とは

ユーザーが独自で名前を決めて自分の好きなように利用できるドメインのことです。 そして、

「サブドメイン」とは、

「独自ドメイン」をさらに細かく分割して複数のユーザに割り振るためのドメインのことを指します。

たとえば、レンタルサーバーの業者が「hannahhh.com」という「独自ドメイン」をもっていた場合、複数の利用者にドメインを提供するために、「aaa.hannahhh.com」「bbb.hannahhh.com」といったように「独自ドメイン」の前に「.」で区切った文字列を付与して割り振ります。この「aaa.hannah.com」のような文字列を「サブドメイン」といいます。 ちなみに、レンタルサーバーなどでは、独自ドメインの「.」の前に付与する文字列は自分で自由に決められることが多いようです。


トップレベルドメインとは?


ドメインの中でも「.」で区切られた最も右側の部分をトップレベルドメインと呼びます。このトップレベルドメインの文字列によってドメインの種類が分かれていて、特徴も違います。ここではその種類について解説します。 分野別トップレベルドメイン(gTLD) 分野別トップレベルドメイン(gTLD)は、利用者の居住国に関係なく誰でも取得できるドメインです。具体的には以下のような種類があります。

ドメインの種類 特徴
com 企業や商用サービスを表すドメイン
net 主にネットワークサービスの提供者を表すドメイン
org 主に非営利団体を表すドメイン
biz 主にビジネスを表すドメイン
info 主に情報の提供者を表すドメイン


独自ドメインを取得するメリット


サブドメインはレンタルサーバーの業者ごとに用意され、基本的にはそのサービスの利用者であれば無料で使えることがほとんどです。

一方の独自ドメインは、取得費や一般的には1年単位での更新料が発生します。料金面だけみると無料で利用できるサブドメインの方がお得に見えますが、独自ドメインにしかないメリットが多くあります。

いくつか挙げてみました。

ずっと同じURL(ドメイン)が使える

無料のサブドメインはレンタルサーバーなどの会社ごとに用意されるので、別会社に移行すれば元のドメインは使えなくなり、ホームページのURLが変わってしまいます。無料のブログサービスなどを利用の場合、仮にそのサービスが停止してしまった場合、URLを引き継ぐことはできません。 その一方で独自ドメインを利用していれば、そのような縛りがないので、別会社に移行しても同じものをずっと利用し続けることができます。サーバーを変えてもURLさえ変わらなければ、以前からの訪問者を逃すこともありませんし、Googleのページランクも引き継ぐことができるので検索順位を上げるためにも有利です。

専用のメールアドレスを使える

サブドメインのメールアドレスを使っている場合、そのドメインを提供しているレンタルサーバーから他のものへ移行すると、メールアドレスを変えなければならなくなります。URLの場合と同様に、独自ドメインを利用していれば別の会社に移行してもずっと同じ専用のメールアドレスが使えます。 また、会社で独自ドメインをご利用であれば、サブドメインを使う揚合と違い、取得可能なメールアドレス数に制限がなくなるので社員分のメールアドレスを利用することもできるようになります。


SEOで有利となる

独自ドメインを利用した方が、SEOでも有利となることが多いようです。たとえば、独自ドメインであれば、運用するホームページやプランドなどに合った名前の文字列で取得することができます。 一方、「サブドメイン」や「サブディレクトリ」のSEOに関するデメリットとして、親のドメインを利用する他ユーザーがSEO的なペナルティを受けた場合に、同じドメイン配下の他「サブドメイン」「サブディレクトリ」のユーザーもその影響を被ることがあります。 また、Googleは、上位1ページ目には同じドメイン内のページを2つ以上表示させないというルールがあり、もし同じサービスを使う他ユーザーとコンテンツの内容が競合していた場合SEO的に不利になるといったこともあります。 独自ドメインであればそのような制限を受けることがなく、サイト閲覧者に役立つ情報を提供していれば、SEO的な価値も上がっていくというメリットもあります。


ドメイン取得の方法は簡単! ドメインについて理解できたら、さっそくドメインの取得です。 取得するドメインを決めたり、必要な契約手続きを行ったりする必要があります。 難しそうに見えますが流れを理解すれば簡単に取得することができました。

Follow me!

-wordpress

Copyright© 一大木心(いたいもっさ)ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.